国交省 目視外飛行へ分科会 物流の安全要件を検討

2017.10.10付

一般

 ドローン(小型無人機)を使った荷物配送を実現するため、国土交通省は4日、改正航空法の審査要領改訂に向けた分科会を開催した。操縦者の目が届かない範囲で機体を飛ばす「目視外飛行」などを行う際、貨物を安全に運ぶ上でどんな要件が必要かを話し合う。年度内に方向性をまとめる。
 分科会はメーカー、業界団体、物流会社、保険会社など28人の有識者で構成。政府が来年度にドローンによる荷物配送を目指す中、離島、山間部などで目視外飛行ができるように環境を整備することで…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する