地方協議会パイロット事業 36事例で着荷主が参加 41都道府県で内容固まる

2017.10.10付

一般

 トラックの労働条件改善に向けて行うパイロット事業について、国土交通省は9月25日、各地の進ちょく状況を公開した。各都道府県のうち、48件の事例で参加企業が概ね固まった。今年度は7割以上の事例で着荷主が参加し、課題解消を目指す。
 同事業は発・着荷主、トラック企業、行政が協力し、手待ちや拘束時間削減などにつながる改善事例を創出することが目的。平成28~29年度の2カ年で取り組み、好事例を業界に横展開することで、ドライバーの労働環境改善を図る。
 参加企業…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する