いすゞ・日野自 減益でも堅調維持 27年3月期 構造改革を推進

2015.02.17付

一般

 いすゞ自動車(本社・東京、細井行社長)と日野自動車(同・東京都日野市、市橋保彦社長)の平成27年3月期連結業績は営業減益になるもようだ。いすゞは成長投資、日野自はトヨタ向け車両の落ち込みが要因で、トラック・バスの販売は共に堅調。グローバルでの成長に向けた製販の構造改革が着実に進んでいる。
 4~12月期を終えた現時点でのいすゞの通期業績見通しは、売上高が前期比5.1%増の1兆8500億円、営業利益が同5.3%減の1650億円。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する