【ことば 教えて!】 利用運送業者→問題は責任の明確化

2015.02.17付

一般

 いわゆる水屋。平成2年の物流2法のうち、貨物運送取扱事業法で定められた、自ら輸送手段を持たずに荷物を運ぶ事業者のこと。飛行機や鉄道を利用してモノを運びかつトラックの集配も行う第2種、それ以外の利用運送を行う第1種がある。
 荷主にとっては集車、実運送にとっては営業を代行してくれる便利な存在。一方、そこで発生する手数料は実運送にとって頭痛の種。「運賃の事はプロ同士で」が行政側の長年の見解だが、昭和26年の道路運送法改正時、すでに「荷主と運送事業者の間に立つ斡旋(あっせん)業」は問題視されていた。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する