国交省 「着荷主」の責任明記 適正取引の指針改定

2015.02.17付

一般

 国土交通省は2月中に、荷主と事業者の取引で問題となる事例などをまとめた「下請け・荷主適正取引推進ガイドライン」を改定する。事業者が直接契約を結ばない着荷主の役割を盛り込み、長時間労働の一因となる荷待ちの改善につなげる。
 9日開催のトラック輸送適正取引推進パートナーシップ会議で概要を示し、委員の了承を得た。今月中に新たなガイドラインを公表する。
 平成20年に策定した同ガイドラインは運賃設定、運送内容変更など10項目で、独占禁止法や下請け法に違反する恐れのある行為を明記。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する