トンボの目 巨額買収の効果 いかに 郵政上場への成長戦略

2015.02.24付

一般

 「時間を買った」。日本郵政の西室社長は18日の会見でトール買収をこう語った。「時間と努力を費やすより、買収で全面的にノウハウを吸収」(西室社長)することをグローバル展開への抜本策として選んだ。
 買収額は約6200億円。日本郵政グループ内の資本再配分で日本郵便が得た手持ち資金を活用する。真似できない巨額投資だ。
 日本郵便の郵便・物流部門は平成27年3月期業績で最終赤字を見込むなど、収益面で課題がある。通販市場開拓などで営業力を強化してきたが、これぞという戦略を打ち出せていなかった。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する