【運転席から物流論】第143回 阪神淡路大震災20年に思う(2)海上輸送の活用 トラックドライバー/ジャーナリスト 長野 潤一氏

2015.03.03付

一般

 前回に続き、20年前の阪神淡路大震災を思い起こし、今後の災害に対する輸送の強靭(きょうじん)化について考えたい。
 阪神淡路大震災では神戸の街は道路が寸断。救助や復旧の車で道路は渋滞した。陸上輸送を補うため海路から小船での生活物資輸送も行われた。東日本大震災の際も津波で破壊された港湾は多かったが、中型以下の船での物資輸送は行われた。また、沖合に停泊した自衛隊の艦船で住民への入浴が提供されたケースもある。災害時に船舶を活用する準備wo
しておくべきだろう。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する