国交省 代替輸送確保へ検討会 鉄道利用促進を支援

2015.03.03付

一般

 国土交通省は2月25日、貨物鉄道で輸送障害が発生した際の代替輸送の課題を検討する会を発足した。モーダルシフトへの需要が高まる中、鉄道利用の促進を支援するのが目的。
 昨年10月に台風の影響で東海道本線が10日間不通になった際、日本貨物鉄道(=JR貨物)はう回列車の運行、トラック代行輸送などで対応したが、確保できた輸送力は通常の2割程度にとどまった。「日本の鉄道貨物の約半数が経由する大動脈が分断され、8割の荷物は運べなかった。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する