JR貨物 鉄道赤字39億円に縮小 27年度事業計画

2015.04.07付

一般

 日本貨物鉄道(=JR貨物、本社・東京、田村修二社長)は平成27年度、鉄道事業で売上高1388億円(前年度計画比42億円増)、営業損失39億円(前年度計画は45億円の営業損失)を目標に据える。関連事業も含めた経常利益は45億円(前年度計画比24億円増)、当期純利益は51億円(同23億円増)を目指す。
 鉄道事業の運輸収入の内訳は、コンテナ1118億円(同49億円増)、車扱い90億円(同1億円減)を計画。輸送量では、トンキロベースでコンテナ207億トンキロ(同5.2%増)、車扱い12億トンキロ(同5.8%減)。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する