濃飛倉庫運輸 岐阜に総合センター 国際物流拡充も見据え

2015.04.07付

一般

 濃飛倉庫運輸(本社・岐阜市、小澤義行社長)は6日、岐阜県養老町で「大垣総合物流センター」(大垣支店)を稼働させた。周辺地区に点在する輸送センターや倉庫を新施設に集約し効率性を向上。交通インフラの充実に合わせ、国際複合一貫輸送の拠点としての活用も目指す。総事業費は約30億円。来年迎える創立100周年の記念事業でもある。
 住所は岐阜県養老町船附村前東562ノ1。国道258号線に面し、名神高速道路大垣インターチェンジから約4キロ。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する