揺れるトラック業界 改善基準告示問題 熊本が「2日単位」要望

2015.04.07付

一般

 改善基準告示をめぐる問題でトラック運送業界が揺れている。1月、札幌市に本社を置く「ほくうん」に対し告示違反に基づく30日営業停止処分が下されたのをきっかけに、3月には九州の荷主や運送会社から告示見直しを求める動きが相次いだ。だが、処分を厳格化した国土交通省や改善基準を所管する厚生労働省は、ドライバーの労働条件悪化につながる告示見直しには否定的。事態打開の道筋は見えない。
 ドライバーの運転・拘束時間などを定めた改善基準告示の違反は、長距離運行を中心にこれまでもあった。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する