【製造業の海外シフトで国内物流は細るのか?】第6回 製造業の国内回帰(2) 東レ経営研究所産業経済調査部門シニアエコノミスト 福田 佳之氏

2015.04.14付

一般

 製造業の国内回帰が具体化したのは昨年後半以降。自動車業界ではホンダが2輪車、日産自動車がSUV(スポーツ用多目的車)の生産の国内移管を検討。電機業界ではパナソニックが洗濯機や電子レンジ、シャープが液晶テレビと冷蔵庫の生産を国内シフトする。
 部品でも、平成26年末発売のホンダの軽自動車は国産フロントガラスを使用。電機メーカーも、部品の一部を外国産から国産へ切り替えを進めている。最近の製造業国内回帰の特徴と背景について、特に円安との関連を中心に説明する。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する