【定温物流特集】熊本交通運輸 益城物流センター 切り花専用Cを運営 品質の高さ、国も認める

2015.04.21付

一般

 熊本交通運輸(本社・熊本県益城町、住永金司社長)は、全国でも珍しい切り花専用の定温配送センターを運営する。庫内は常時、切り花の保管に適した18度の温度を保持。7台分のドックシェルターも備え、集荷から庫内の流通加工、配送まで切り花を外気温に触れさせない一貫物流体制で、顧客から厚い信頼を得ている。
県下農協出荷量の半分扱う
 切り花専用の定温センターは熊本空港近くの益城物流センター(敷地面積約1万2000平方メートル)内に併設。平屋で、延べ床面積約600平方メートル。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する