再発防止策を提言 自動車事故調 発足後、初の報告

2015.04.21付

一般

 トラックなどの大事故を調べる「事業用自動車事故調査委員会」は15日、初の調査報告書を公表した。昨年、新潟と大分で起きた事故を対象に原因を検証。ドライバーの過労運転、積み荷の固縛などが事故につながったとの結論を下し、国土交通省に再発防止策を講じるよう求めた。
 昨年6月に発足した自動車版の事故調は、労働科学、自動車工学の専門家らで構成する国交省から独立した組織。第3者の立場からドライバーの勤務状態、過労運転の有無などを調べ、事故の組織的・構造的問題まで踏み込み原因を解明する。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する