環境性能課税案を提示 総務省・車体課税議論 自動車業界は猛反発

2014.10.07付

一般

秋予定されている消費税を10%に引き上げる際の車体課税の議論が本格的に始まった。焦点は、自動車取得税廃止後に財源を確保するための制度改正。総務省は自動車税の制度を変えて税収を確保する案を示しており、自動車関連団体らは「取得税の付け替え」と反発している。

 車の購入時にかかる自動車取得税は、消費税を10%に引き上げた後、廃止されることが今年度の税制改正大綱で決まっている。消費税との2重課税を指摘する自動車業界に配慮した措置だが、取得税を廃止すると年間1900億円以上の税収がなくなる。

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する