福通 営業益、予想上回る 適正運賃の収受進む

2015.05.12付

一般

 今期の設備投資額は300億円
 福山通運(本社・広島県福山市、小丸成洋社長)の利幅が改善。平成27年3月期連結業績の営業利益は、通期予想より12億円増え128億円(前期比3.3%増)となり、3年ぶりに営業利益率5%台を回復した。
 適正運賃の収受に比重を置き、「(単価の安い)荷主取引を見直した」(小丸社長)ことが奏功した。割安な荷物の取り扱いを控え、取扱量は減少。消費増税による反動減も響いた。このため、売上高は前期比0.6%減の2539億4000万円にとどまった。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する