【3PL企業の生き残り戦略】 第11回 物流子会社の3PL(1) 「外販」確立へ使命変化 船井総研ロジ取締役常務執行役員ライン統括本部長 赤峰 誠司氏 

2015.06.02付

一般

 日本の3PLを考察する上で欠かすことのできない存在に物流子会社がある。物流子会社こそ、今後どう生き残るべきかの岐路に立たされているといえる。
 物流子会社の役割・使命は時代とともに変化を求められてきた。日本での創業時、倉庫や配送業務を実行する機能会社として、主な役割は保管倉庫や商品配送センターなどの運営だった。さらに顧客への配送など販売物流を主とした物流業務だ。
 当然ながら、物流子会社の主目的は専門特化による習熟と集約効果よるコストダウン。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する