ヒューテックノオリン 岩槻C早期安定に注力 今期、料金適正化も継続

2015.06.02付

一般

 ヒューテックノオリン(本社・東京、綾宏将社長)は今期、料金適正化に向けた価格改善交渉を推進するとともに、来年1月に計画する「岩槻物流センター(仮称)」の立ち上げと早期の安定稼働に注力する。
 この数年、運送・倉庫作業の外注費増加、ドライバーを含む社員の人件費増加、電力料金上昇を背景に、物流事業の持続成長を図るためには取引先への価格転嫁が欠かせない状況にある。前期はその前の期に比べ運送・作業に関連した外注費として9%、人件費が7%、電力料金が9%増え、営業原価を押し上げた。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する