デフレに強い安定商品 物流不動産 10年で急成長

2014.09.09付

一般

物流不動産とは、資金を投資家から集め、大規模な物流施設を建設。入居する企業からの賃料収入を配当や初期の借り入れの返済に充てる事業形態だ。10年ほど前から急速に広まってきた。物流事業者の旺盛な需要に後押しされ,空室率も首都圏では2%前後と堅調に推移。各社の物流不動産事業は順調に拡大している。      

 物流不動産事業が発展した背景にあるのは「安定した金融商品だから」とロジスティクス関係の調査

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する