日立物流 ロボットでピッキング 5月 千葉の倉庫で

2015.06.09付

一般

 日立物流(本社・東京、中谷康夫社長)が物流現場のロボット化を進めている。千葉県内の物流センターで、日立製作所の技術を活用した新型ピッキングシステムを導入。「人を歩かせない作業」をコンセプトに、省力化と省人化を図る。
 5月から本格稼働したのは、小型・低床式無人搬送車「ラックル」。スポーツ用品大手・アディダスの商品を扱う野田市の首都圏東物流センターで、現在20台導入している。
 ラックルは商品保管棚の下に潜り込んで持ち上げ、ピッキングを行う作業員の元に自動で棚を届ける。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する