【3PL企業の生き残り戦略】第12回 物流子会社の3PL(2) 事前調査が発展の鍵 船井総研ロジ 取締役常務執行役員ライン統括本部長 赤峰 誠司氏

2015.06.23付

一般

 物流子会社が、3PL(サードパーティー・ロジスティクス)事業を収益化しビジネスとして展開するには6つの施策を策定・実行しなくてはならない。
 まず販売する物流サービスのメニュー作成だ。保管・荷役・輸配送。物流の基本3業務が主体なのは間違いない。だが、後発で市場参入するには別のプラスアルファ機能が不可欠。親会社の業務で培ったノウハウは、同型の製品群でこそ強みが発揮される。原料化学品であれば、紙袋やフレコンバックなどの荷姿品であり、平ボディー車を中心とした輸送が得意。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する