【製造業の海外シフトで 国内物流は細るのか?】 第9回 自動運転技術による変化(上) 東レ経営研究所 産業経済調査部門 シニアエコノミスト 福田 佳之氏

2015.06.23付

一般

 最近の自動運転技術の発展は目覚ましい。航空分野では無人航空機ドローンの幅広い商業展開が期待され、自動車分野ではGoogleや自動車メーカーが自動運転車の開発にしのぎを削る。両分野での自動運転技術のインパクトは大きく、今後、自動運転技術をベースに新たな産業と物流スタイルが出現する。自動運転技術について、2回に分けて解説する。今回はドローンの現状を押さえた上で、物流での活用について展望する。
ドローンの商業展開の期待
 ドローンとは「オスのミツバチ」を意味し、現在は無人機、とりわけ無人航空機の俗称となっている。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する