【特別積み合わせ特集】成長の源泉どこに求める 特積み、激動の20年 グローバル化へ対応は二分

2015.06.23付

一般

 国内物流のリーダーというだけでなく、特積み分野でも大きな存在感を持つ日本通運がいま、世界を見据える。平成22年のペリカン便撤退、今年53年ぶりの組織改革によりグローバル物流企業への体制を明確にした。バブル崩壊後、特積み各社が成長に勢いを欠く中で、今後さらに人口減少・市場縮小の波が来る。この先、各社は成長の展望をどう描くのか。業界はどう変わるのか。
 バブル崩壊からもうじき四半世紀。運賃下落と貨物輸送量の減少を伴うデフレ経済下、特積みにとっても厳しい経営環境が続いた。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する