【集中連載 2040年地方で若年女性が半減 その時、物流は?】最終回 「外圧をはねのけろ」 増田 寛也 日本創成会議座長

2015.06.30付

一般

 将来の急激な人口減が危惧される中、物流業界は安定的に働き手を確保できるのか。待遇改善に必要な原資のコスト転嫁には「他産業や消費者の『物流のコストアップは良くない』との認識をはねのけるだけの力を持たないといけない」と日本創成会議座長の増田寛也氏は話す。
 ――物流はさらに効率化が進む。
 増田 (情報技術の高度化で)飛躍的に進んでいる。より安全運転でスピード感を持ってどんどん運ぶ。一方で、大型コンテナ化によって1台当たりの輸送量を増やすなど、物流コストを下げる努力はしなければいけない。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する