国交省 共配実験、11月に再開 参加企業60社を目指す

2015.07.14付

一般

 国土交通省は2月に行った共同配送促進のための実証実験を、11月、内容をテコ入れして再び実施する。荷主、事業者が多様な輸送モードを選べるよう、トラック以外にも鉄道と船舶の情報を閲覧可能なシステムに改修。実験に参加する企業も前回の4倍に増やす。
 共同配送の実証実験は昨年度始まった2カ年の事業。国が開発したマッチングシステムを使い企業間の「出会いの場」を設けることで、共同配送を促進。物流の過程で排出されるCO2(二酸化炭素)を減らすことが狙い。環境省の予算を活用する。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する