第一貨物 運賃値上げを徹底 今期、一層の待遇改善へ

2015.07.14付

一般

 第一貨物(本社・山形市、武藤幸規社長)は今期、運賃交渉をさらに推進。「運賃是正で得た原資を元に従業員の待遇を高め、ドライバーの安定確保につなげる」と武藤社長。また、荷物事故削減により品質を強化。需要予測システムなどの構築を通じて「内部の効率化も進めていく」(武藤社長)方針だ。
 前期は品質向上と運賃値上げが進んだ一方、消費増税後の荷動き停滞やロジスティクス部門での主要顧客の売り上げ不振から減収減益だった。第10次の中期計画最終年度となる今期は、業績改善を図るとともに、これまで進めてきた取り組みの総仕上げに向かう。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する