対象期間を7日に ドライバー実態調査

2015.07.28付

一般

 4年後に中小企業で残業代の割増率が増えるのを見据え、中央と地方で始まったトラックの長時間労働改善に向けた協議会。その議論の前提に位置付けられているドライバーへの実態調査アンケートで、当初6日間とされていた調査対象期間は7日間になる。
 5月に行われた中央協議会の中で、労働組合の代表委員からの提案を受けて国土交通省が了承した。連合の花井圭子総合政策局長が「長時間労働の是正に向けては、一週間のうち休日が取れているかどうかもポイント。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する