【製造業の海外シフトで 国内物流は細るのか?】(11)自動運転技術による変化(下) 東レ経営研究所 産業経済調査部門 シニアエコノミスト 福田佳之氏

2015.08.04付

一般

 自動運転の技術が適用されているのは乗用車だけではない。ロボットベンチャーのZWPは、倉庫内での荷物の自動運搬車をすでに開発。5月にDeNAと発表したロボットタクシーの事業構想では、人を乗せて空いたスペースにモノを載せ配達することを想定する。
 また、世界有数の自動車メーカーである独ダイムラーは、昨年7月に発表した「メルセデス・ベンツ・フューチャー・トラック2025」で、自動運転トラックを平成37年までに実現することを目指すとしている。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する