日通総研 スマホで作業分析 計測ツールを開発

2015.08.11付

一般

  日通総合研究所(本社・東京、宮近清文社長)は、スマートフォン(高機能携帯電話)とウェブを連携させ、各スタッフの倉庫内作業を計測し、結果を集計・分析できるツール「ろじたん」を開発。10月1日から提供を開始する。
 「物流の合理化を図りたい」「効果的なKPI(重要業績評価指標)を簡単に取得したい」というニーズに対応。庫内作業を行いながら、現場スタッフが定期的にスマートフォンを使って、作業時間を記録・計測することが可能。取得したデータはウェブシステム上で集計し、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する