フェリーの拘束2時間 業界から撤廃求める声 苫小牧―八戸航路で恩恵 「生のサンマ、消費地に」

2015.08.11付

一般

 フェリー乗船時にドライバーの拘束時間としてカウントされる「2時間」の枠を撤廃するよう求める声が業界から上がっている。乗船が7時間半の苫小牧―八戸航路でリードタイムが2時間短縮されれば、間もなく旬を迎えるサンマを、運行法令を違反することなく生のまま首都圏に届けやすくなり、消費者はおいしく安心してサンマの刺し身を食べられるようになる。
 年々漁獲量が減少し、入手困難になりつつあるサンマ。さらに昨年、ドライバーの運転・拘束時間を定めた改善基準告示の違反に対する罰則が強化されたことで、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する