三菱倉庫 医薬品輸送で新商品 GDP基準に対応

2015.08.25付

一般

 三菱倉庫(本社・東京、松井明生社長)は9月をめどに、新たな医薬品保冷配送サービスを開始する。欧州で用いられる医薬品の適正な流通に関する基準(=GDP)が国際的に普及する中、国内でいち早く同基準に対応したサービスを提供する。
 名称は「DP‐Cool」で、医薬品専門の運送子会社DPネットワーク(本社・埼玉県八潮市、平岡昇社長)がサービスを手掛ける。まず首都圏近郊、京阪神地区からサービスを始め、順次対象エリアを広げる。
厳格な温度管理を実現
 GDPでは、輸送中の温度管理、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する