【物流から見た道路交通計画】(1) 第1回 「動ける」から「手に入る」に~はじめに~ 流通経済大学 苦瀬 博仁教授

2015.09.01付

一般

 道路交通計画には2本の柱
 わが国の道路交通計画は長い間、「移動したい人」のためにモビリティー(mobility:移動性、可動性)を確保することが主題だった。このための施設としては高速道路、歩道や自転車道、道の駅などが代表的だ。今後も障害の有無、年齢、性別、国籍などを超えて、モビリティーの確保は「人の交通」の重要なテーマであり続ける。
 一方で、「移動したくない人」や「移動できない人」には、自らは移動せずに商品や物資を入手できるアベイラビリティー(availability:入手可能性、可用性)が重要な課題だ。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する