インターネット 宅配、軽貨物が〝顔〟に 安全性の担保が課題

2015.09.15付

一般

 インターネット利用の個人宅向け配達で、ワンボックスカーなどを使った軽貨物運送事業者が活躍している。都市部などの人口密集地では、小回りの利く軽自動車が重宝される。一方、軽貨物は個人事業主が多く、法律による労働時間の規制があいまいなため、安全性などの部分で課題が残る。
 ネット通販や、大手スーパーマーケットが運営するネットスーパー事業の配送の主役は軽自動車になりつつある。昨年、アスクルなどの物流を手掛けるプラスロジスティクスが輸送力強化のため、軽貨物の元請け事業者・東京商事を買収した。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する