【全ト協・事業者大会特集】提言 時間可視化でムダ周知 付帯作業どう減らす 荷主現場を〝健康診断〟

2015.09.29付

一般

 トラックドライバーの付帯作業がなかなか改善できない。本来は車上渡しが原則なのに、荷主庭先での荷積み・荷降ろしは日常的。無償でピッキングまで求められるケースもあり、ドライバーの負担は増すばかりだ。物流に詳しい日本能率協会コンサルティングの岡卓也チーフコンサルタントは「会社がドライバーの庭先業務を契約で定めたり、荷主に拘束時間を示したりしなければ改善できない」と指摘する。
 業界では長年、ドライバーによる無償の付帯作業が商慣習として続いてきた。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する