交通労連 時短へ政労使協調で 「拘束時間とひも付けを」

2015.09.29付

一般

 交通労連の山口浩一委員長は17日、都内で開催したトラック部会中央委員会で、今夏スタートした政労使を交えた長時間労働改善協議会の場を活用し、拘束時間短縮の取り組みを強化していく必要性を訴えた。
 冒頭あいさつで、山口委員長は国の協議会発足の目的である月間60時間超の残業削減について「対応をすでに済ませた組合もあるだろうが、中小企業の多いトラック業界全体としての対策が求められている」と発言。その上で、「改善基準告示に定められた年間拘束時間…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する