国交省 再配達削減で報告書 受取方法の多様化提言

2015.10.06付

一般

 国土交通省は9月25日、宅配便の再配達削減に向けた報告書をまとめた。確実に商品を届けるため、宅配・通販事業者が配達日時の通知などを行い、受取人とコミュニケーションを強化する必要があると明記。コンビニや鉄道駅での受け取り、宅配ボックスの普及も盛り込み、関係者に具体的な対策を求める。
 受取人不在などによる再配達を減らす仕組みを普及させることで、ドライバーの負担軽減につなげる狙いがある。インターネット通販の普及で宅配需要が拡大する中、国の試算では年1.8億時間、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する