【北海道・東北ブロック特集】高まる〝物流の価値〟 荷主の意識も変化

2015.10.13付

一般

 北海道では、根釧地区など道東の水産品輸送を中心にトラック不足が顕在化している。一つ一つの商品単価が安く、物流コスト上昇を荷主に転嫁し切れていないことが一因。トラック不足をきっかけに漁協や農協など主要荷主による「北海道の物流コストを考える協議会」が昨年設立された。物流を軸に道内経済をどう活性化させるか。真剣に考えられ始めている。
 道内物流での問題には①長距離輸送②札幌一極集中③雪や寒さといった地域特性④主要貨物が農水産物で単価が安く時期が集中する――といったことが挙げられる。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する