【業界の〝常識〟を問う】 第2回 新料金提案 何にコストが掛かるか? 増井 忠幸 東京都市大学名誉教授

2015.10.20付

一般

 一般に運賃といっても幹線輸送と地域配送では内容が異なる。まず幹線輸送での大きな課題は荷積み荷降ろしと長距離輸送(長時間労働)だ。
 「輸送」は「荷積み―輸送―荷降ろし」で構成される。荷積みは積み込み作業のほか、仕分けや養生、確認作業を伴うことも多い。フォークリフトか手積みか、かご車利用か、作業方法によっても工数(時間)とコストが変わる。10トン車でも手積み手降ろしが行われていることが「ドライバーはキツイ」とされる一因で、女性ドライバー活用の壁ともなっている。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する