【日通商事 狭山LSセンター 訪問記】管理徹底で高品質支え 車部品KD包装を展開

2014.10.14付

一般

日通商事(本社・東京、渋沢登社長)LS(=ロジスティクス・サポート)事業部の狭山LSセンター(埼玉県狭山市)は、ホンダグループ向けを中心とした自動車部品の取り扱い拠点として、組み立て用部品の輸出こん包「ノックダウン(=KD)包装」を展開。徹底した管理体制の下、高品質なサービスを提供している。
 日通商事LS事業部の国内拠点は38(5月時点)。事業内容は、ボルト1個からロケットまで一般貨物を扱う「一般こん包」、顧客の注文に基づき同じ仕様の商品を扱う「量産こん包」の2つに大別される。
 狭山LSセンターは昭和41年開設。飛行機のコックピットなどを扱う立川サブセンターなど5つの副拠点を持ち、量産こん包のほか、一般こん包にも対応。社員・協力会社合計約340人体制で運営している。

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する