10~12月 トラック利用やや回復 運賃は上昇基調続く

2015.11.03付

一般

 日通総合研究所(宮近清文社長)によると、10~12月の輸送機関別利用動向指数は、トラック(一般、特積み)、宅配便、鉄道コンテナ、内航船で改善し、利用が回復に向かいつつある。トラックの運賃水準は一般、特積みとも消費財を中心に上昇圧力が依然として強い。
 荷主の国内向け出荷動向を示す荷動き指数の10~12月見通しはマイナス2(7~9月実績比4ポイント上昇)。「穏やかな改善が続いている」(日通総研)。
 一般トラックの利用動向指数の10~12月見通しはマイナス1…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する