JR貨物・ダイワコーポ 東京タ駅に新施設 陸海空ハブへ好立地

2014.10.14付

一般

日本貨物鉄道(=JR貨物、本社・東京、田村修二社長)は8日、「エフ・プラザ東京C2棟」をしゅん工した。ダイワコーポレーション(本社・東京、曽根和光社長)が借り受ける。
 エフ・プラザはJR貨物の駅構内にある、荷さばき・保管・流通加工・積み替えなど総合的な物流機能を持つ大規模複合施設。C2棟は13施設目。住所は東京貨物ターミナル(=東タ)駅敷地内の東京都品川区八潮3ノ2ノ34。6階建て、延べ床面積1万8569平方メートル。耐加重垂直搬送機(積載量1トン)3基を備える。両面バースで、ドックレベラーは13基。

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する