国交省 「水屋」問題、対応に苦労 講習受講の実態つかめず

2015.11.10付

一般

 実運送業者に輸送を委託する貨物利用運送業者の安全対策で、国土交通省が対応に苦労している。昨年から貨物利用運送業者の監査を本格化したものの、地方運輸局の監査官が不足し十分なチェック体制が整わない。新規登録業者、既存業者に参加を求める講習会も受講率を把握できておらず、同省は来年度にも調査を行う方向で検討を始める。
 貨物利用運送業者は、実運送業者の安全に欠かせない法令を十分理解していなかったり、荷主から不当行為を求められた際の対応に課題があるといった点が問題となっている。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する