【業界の〝常識〟を問う】 第4回 効率化とトップの意識 ①モーダルシフト編 増井忠幸 東京都市大学名誉教授

2015.11.17付

一般

 従来、「物流は改善の宝庫」といわれ、各物流企業は効率化やコストダウンに努めてきた。物流のコスト意識は進んできたものの、大きな効率化の余地はまだまだ存在する。物流現場の改善に加え、いまや業界を越えて社会会全体からの効率化の視点が必要だ。
 国が進めている施策の1つに「モーダルシフト」がある。わが国の鉄道輸送が占める割合はトンキロベースでわずか4%に過ぎず、1000キロを超える長距離輸送でも多くがトラックに依存している。モーダルシフトはCO2(二酸化炭素)削減策として注目…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する