【運転席からの物流論】第154回 相次ぐ企業の不正問題 トラックドライバー・ジャーナリスト 長野 潤一氏

2015.11.24付

一般

 横浜市都筑区のマンションの傾きから拡散したくい打ちデータの流用問題や、独フォルクスワーゲンの排ガス不正ソフト問題が連日、ニュースになっている。特定の社員の行動というより、組織ぐるみの偽装に見える。昔から企業の「偽装」というのはよくあるものだが、発覚した際の企業の信用へのダメージは大きく、社会的にも決して許されるものではない。運送業界も人ごとではない。
ゴム、食品、建設…組織的に
 企業の不正というのは枚挙にいとまがない。東洋ゴムの免震ゴムデータ改ざん問題、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する