西濃運輸 現場改善が功を奏し 生産性向上で収益増へ

2015.12.01付

一般

 西濃運輸(本社・岐阜県大垣市、大塚委利社長)は平成27年度に前期比2.76%増の売上高を上げる計画。営業利益は平成初期のバブル経済時を上回る数字を見込む。生産性を高める仕組みを原動力に、高収益体質の確立に向かっている。
 通期で新規を中心に物量増で前年度比2%、運賃の適正収受などで1%程度の売上高の上積みを図る。今年度上期の取扱量は前年同期比0.4%減。売上高は同1.4%増だったが、営業日数を調整し比較すると同2.1%増。下期は、営業交渉の一層の積極化と物流現場の…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する