トラ専用レーンで議論 国交省・国土幹線道路部会 委員から厳しい意見も

2014.10.21付

一般

国土交通省は9日、高速道路料金や整備の在り方を検討する国土幹線道路部会を開き、業界団体にヒアリングを行った。今後の高速道路整備について、日本商工会議所は貨物限定の専用レーン設置を要望。対して、委員からは「大型車の過積載対策をどう考えるのか」と厳しい質問が飛んだ。
  
 日商が求めたのは未開通区間の早期整備、低価格でシンプルな料金制度の構築など17項目。特に高速道路を賢く使う取り組みでは、貨物車だけが走行できる専用レーンの設置など、物流効率化と大型車の利用を促進する工夫が必要とした。
 この案に対し委員の意見は分かれた。一橋大学大学院教授の根本敏則委員が「走行レーンを限定すれば構造面から(道路改修)コストが抑えられる」としたのに対し、東京大学教授の家田仁委員は「老朽化の原因は過積載を行うずるい物流会社にある」と指摘。

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する