プラネット物流 解散に向けC順次移管 「新たな取り組みに期待」

2015.12.08付

一般

 プラネット物流(本社・東京、馬場純夫社長)は来年7月の解散に向け、北海道から九州まで全国4カ所のセンター運営を順次移管していく。すでに中部と南関東のセンターについては業務を終了した。日雑品の共同配送をコーディネートする存在として26年前に発足した同社が、なぜ解散を決めるに至ったのか。馬場社長に聞いた。
 2月以降、同社が管理しているセンター業務を完全に移管する。2月に福岡県粕屋町にある「九州流通センター」を味の素物流(本社・東京、田中宏幸社長)に、4月には…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する