川下再編で共配に変化 日雑品、医薬品、次は…

2015.12.08付

一般

 川下での物流経路の変化で、従来の共同配送が困難になるケースが日雑品で顕在化している。背景にあるのは、卸の再編による納品先センターの巨大化と荷物の大ロット化。同時に、複数メーカーの細く長い配送を束ねていた共同配送のメリットが低下した。同様の変化はすでに医薬品物流にも見られ、平成21年には医薬品輸送のパイオニアである中央運輸が卸大手スズケンの傘下に入った。次はあるのか。
 日雑品の物流では、共同配送の担い手としての一定の役割を終えたとして来年7月に…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する