国交省 「生産性革命」起こす 物流将来像で答申案

2015.12.22付

一般

 国土交通省は14日、物流政策の在り方を話し合う有識者部会を開き、物流が目指すべき将来像の答申案をまとめた。未来を創る産業として社会の期待に応えるため、究極に効率化した物流の実現、企業が自ら新サービスを生み出す必要性などを明記。平成32年度までに100件ほどの先進的な事例の実現を目指す。
 社会資本整備審議会と交通政策審議会の合同部会で答申案を示し、委員からおおむね了承を得た。年内にも最終答申をまとめ、石井啓一国土交通大臣に提出する。来年度から具体的な施策に着手する。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する