近海郵船 日本海の太いパイプに 電源設備も大幅拡充

2016.01.05付

一般

 近海郵船(本社・東京、野崎哲一社長)は苫小牧―敦賀航路に昨年、新造船3隻を投入した。大型化で1隻当たりの車両積載量が約4割向上。電源供給設備も7割弱増強した。長距離ドライバー不足などで北海道―本州間の輸送力低下が危ぶまれる中、定時性・安定性の高い日本海側の大動脈として一層重要性が増している。
 同社は苫小牧―敦賀航路で昨年1月の「ひだか」を皮切りに、「つるが」「ほくと」と順次船を入れ替え。就航する3隻が全て新造船となった。
 大型化で、積載量の増加はもちろん…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する